046-229-5031 Our lines are open:
言語
  • ホーム
  • SAMURAI
  • SAMURAI 1/18scale Toyota Sports 800 (Red) Limited to 700 [No.KSR18043R]
読み込み中

SAMURAI 1/18scale Toyota Sports 800 (Red) Limited to 700 [No.KSR18043R]

¥18,000
No: KSR18043R
Jan: 4548565359424
販売日: 2020年06月
在庫切れ
この商品をシェアする
  • 概要

    1965年に登場したスポーツ800(通称:ヨタハチ)。トヨタ2000GTの弟分と言われることが多いが、実はヨタハチのほうが登場は2年早い。当時のスポーツカーはとにかく強力なエンジンを搭載……が重要視されていた時代だったが、ヨタハチはそれとは真逆で徹底的な軽量化と空力の追及をテーマに開発されたモデルだ。実は開発責任者の長谷川龍雄氏、デザイン担当の佐藤章蔵氏は戦時中に航空機設計を担当していたことから、その知見が数多く応用されたそうだ。
    カクカクとしたクルマが主流の中、航空機の空力理論を応用した丸みを帯びた流線型デザインは空気抵抗の低減のための機能であった。メカニズムは当時のトヨタのベーシックモデル「パブリカ」のコンポーネントを強化しながら流用。エンジンは790ccの水平対向2気筒でツインキャブレター装着で45ps/6.8kgm、トランスミッションは4速MTの組み合わせ。ボディは日本で初めて外販にアルミを用いた超軽量設計で車両重量は僅か590kgに仕上がっていた。
    エンジンパワーは当時のライバル(ホンダS600)と比べると非力だったが、超軽量設計と空力ボディの効果で、最高速度はS600を上回る155km/hを記録。モータースポーツにも数多く参戦しており、特に耐久レースでは燃費の良さを活かし大排気量モデル相手に好成績を数々残している。
    1969年に生産終了するが、1977年の東京モーターショーにガスタービン+モーターのハイブリッドシステムを搭載した試作車「トヨタスポーツ800・ガスタービンハイブリッド」を発表。このモデルがトヨタハイブリッドのご先祖さまとも言われている。
    ちなみにトヨタ86の開発時に、開発責任者(当時)の多田哲哉氏はヨタハチを参考にしたと語っている。「開発元の関東自動車に行き、設計図を見せてもらい感動しました。本当に良く考えられた設計で学ぶことは多かった。つまり、86の形はヨタハチにヒントがあったと言ってもいいでしょう」。これは、ヨタハチのコンセプトがいかに先進的だったことを証明するエピソードだろう。


    自動車研究家 山本シンヤ


    Product Showcase

    レビュー

    この商品の最初のレビューを書く

    レビュー中の商品: SAMURAI 1/18scale Toyota Sports 800 (Red) Limited to 700 [No.KSR18043R]


    販売店を探す