046-229-5031 Our lines are open:
言語
読み込み中

SAMURAI 1/18scale Toyota Century GRMN Black [No.KSR18046BK]

¥18,000
No: KSR18046BK
Jan: 4548565383986
販売日: 2020年07月
商品点数を減らすアイコン 商品点数を増やすアイコン
在庫あり
この商品をシェアする
  • 概要

    2018年登場の3代目センチュリーをベースに、トヨタのモータースポーツ活動やスポーツモデル開発を担う「GRカンパニー」が内外装や走りの部分にドライバーズカーとしての要素をプラスしたスペシャルモデルが「センチュリーGRMN」。実は世界に2台存在する。一台は東京本社(東京都文京区)に常駐している「ホワイト」、もう一台主に本社(愛知県豊田市)常駐している「ブラック」だ。どちらも厳密に言うと豊田章男社長専用車ではなく、副社長級の役員も使用しているそうだ。ホワイトは箱根駅伝の伴走車やTGRF(トヨタ・ガズー・レーシング・フェスティバル)への展示などで見かけた人も多いと思うが、ブラックは東京オートサロン2019の展示以外は公の場での露出は少なく、レアな存在となっている。ちなみにこの時はスタッドレスタイヤを履いていたが、普段は社用車として普通に活用されていることを示す。
    ホワイトとブラックの違いはボディカラーのみで、ハニカム形状のフロントグリルやロアスカート、カーボン製のリップスポイラーを採用するエクステリアはもちろん、専用セットアップのエアサスペンション、245/45R19+BBS鍛造アルミホイール、ブレンボ製大径キャリパー(4代目レクサスLSバージョンSZ用を流用)、ホイールハブの精度アップなどアップデートされたフットワーク系、開発者が「必要かつ十分なパフォーマンスを備える」と語るV8-5.0L+モーターのパワートレインも共通となっている。
    走りの味付けはトヨタのマスタードライバーが担当し、「後席で快適に過ごせる」と「運転しても楽しめる」をバランスしたセットアップに仕上がっていると言うが、筆者は豊田章男社長が2019年のTGRF前日にウエットの特設コース内で定常円旋回を行なっているシーンを目撃。センチュリーとは思えない大胆な走りを見せていたが、実際にどんな乗り味に仕上がっているのか試してみたいものだ。


    自動車研究家 山本シンヤ


    Product Showcase

    レビュー

    この商品の最初のレビューを書く

    レビュー中の商品: SAMURAI 1/18scale Toyota Century GRMN Black [No.KSR18046BK]


    販売店を探す